ぎっくり腰(ギックリ腰)になったら、その直し方(治し方・治療法)・症状・安静回復期間・対処法・予防法が分かる! 。(古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター・ぎっくり腰即効センター・川口・埼玉・首都圏・千葉・関東)/サイトマップ

コンドロイチン・グルコサミンが仙腸関節の関節軟骨を修復するという根拠
報告者 橋本三四郎・米スクリプス研究所主任研究員 聞き手 中村洋・日本医科大講師
変形性関節症について分かりやすく説明して下さい。
六十歳を過ぎるとかなり多くなり、特に女性で多くなる病気です。
正常な関節は骨と骨の間にすき間があり、そこに軟骨があるのですが、変形性膝関節症では軟骨がすり減ってしまい、炎症を起こして痛みがでます。
軟骨がすり減る原因として、軟骨細胞の「生き」がわるくなって死んでしまうから、ということを研究されてますね。
軟骨は特別な組織で、神経も血管もなく、軟骨細胞の入れ替わりも非常に少ない。
70%が水で、その間に軟骨細胞があります。これが軟骨の強度を守るコラーゲンなどを作っているのです。細胞の生きが悪くなってコラーゲンなどを作る能力がなくなり、最終的に死んでしまえば、軟骨を修復するもとがなくなります。変形性関節症ではこの点が問題になると考えています。
軟骨細胞にグルコサミン,コンドロイチンといった物質を作る能力がなくなるのが変形性膝関節症の原因のようですが、臨床研究の結果はどうですか。
今年二月に開かれた全米整形外科学会で栄養補助剤のグルコサミン、コンドロイチンの効果について話し合われ、その有用性が発表されました。また、そのほかの国々の研究でも、関節症の痛みの改善などに効果があったと報告されています。
グルコサミンやコンドロイチンは軟骨細胞を元気づけ、死にかけた軟骨細胞を復活させると考えていいのですか。
そうです。
しかし、これだけ飲んでいれば変形性関節症が治るとは思えません。セオドサキスさんは補助剤の利用も含めて九つのステップを提案されていますが、ほかのステップを説明してもらえますか。
一つは適度の運動が非常に有効です(当院院長いわく:動かなくたった椎体部を治療して可動性をつけた上で、毎日30分程度のウォーキングをすることにより椎間板軟骨も復活し、修復されていくと考えられる)。
食事でも、炎症の原因になる活性酸素をブロックする抗酸化物質、ビタミンAなどを摂ることが大事です。

※1999年4月11日読売新聞関節症シンポ抜粋(クリックで拡大できます。)
最新医学情報

-----椎間板ヘルニアは遺伝だった?富山医科薬科大川口助手らの研究から-----

国内に100万人の患者がいるとされる椎間板ヘルニアの原因遺伝子の一つを理化学研究所遺伝子多型研究センターと富山医科薬科大の川口善治助手らのグループが突き止めました。
この遺伝子の変異が軟骨細胞の再生を過剰に抑制し、発症につながると考えられています。
この発見により、治療研究の大幅な進歩が期待されています。(2007/06)

上記の研究結果から判断して考えてみると、たとえ、椎間板ヘルニアの発症に遺伝が関係していても、軟骨細胞の再生を活発にする良質なグルコサミンやコンドロイチンを必要量摂取すれば、椎間板ヘルニアの発症の予防にもなるし、治療にもなるということが推測されます。

予約受付(予約制)…効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースがオススメ!

ぎっくり腰即効センター[古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター内]

平 日 am9:00〜12:30 pm3:00〜7:00 TEL048(263)7500
土曜日 am9:00〜12:30 pm2:30〜6:00 院長 古澤 孝一郎
休 日 日曜日・祝祭日 住所 〒333-0846
埼玉県 川口市 南前川 2−11−17

※遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をお教え致します。

来院する際に準備するもの
  • 腰のレントゲンが手元にあればお持ち下さい。
  • 保険証(レントゲンを取りに行く際に必要になります。)
  • レントゲンを借りてくる際、『別の病院でも、一度、診察を受けたいのでMRIとレントゲンを貸していただけませんでしょうか』と言って借りて来て下さい。《院長より》
宿泊先
[ 蕨 駅周辺のビジネスホテル ]
  • 蕨パレスホテル > 詳しい情報はコチラ
  • イーホテルワラビ > 詳しい情報はコチラ
  • ライフステーション蕨 > 詳しい情報はコチラ
[ 西川口駅周辺のビジネスホテル ]
  • マークスイン西川口 > 詳しい情報はコチラ
  • 西川口ステーションホテル > 詳しい情報はコチラ
[ ビジネスホテル以外の施設 ]
  • 天然温泉 ゆの郷 > 詳しい情報はコチラ
  • 宿泊施設ではありませんが、休憩室があります。