• 古澤接骨院(顎関節症 口が開かない 椎間板ヘルニア 骨盤調整 整骨院 整体 カイロプラクティック 川口 埼玉 首都圏 千葉 関東)/サイトマップ

    超越問答力とは?

    超越問答力とは、まず、自分の心の中で自分の意識の外にある存在と一問一答する問答(質問と応答のやりとり)から始まります。

    自分の心の中で一問一答することにより、自分の意識とは関係なく、思い悩み苦しむ心を変化させ解決させて、その思い悩み苦しみから解放させて幸福にしてくれる力(時空を超越したところから解答を与えてくれる力)とその方法を超越問答力と名付けることにしました。

    誰でも悪なる肉身の誘惑と善なる良心が絶えず葛藤し争っているはずです。
    その悪なる肉身の誘惑に従うべきか?それとも善なる良心の声に従うべきか?
    前者を採ろうか?後者を採ろうか?と絶えず葛藤し争っているはずです。

    悩みというものは、そのように心が葛藤状態にある時、すなわちAかBかのどちらか一つを二者択一しなければならない時に、その一つを選び決定出来ない時に起きる心の現象です。そして、その正しい一つを選び決定出来なければ、心の状態は失望へと変化し、やがて失望からノイローゼ状態になり、体は病気となり、心は絶望的となってしまい、その思い悩み苦しみから逃れるために、自ら死を選びかねないのです。

    このような悩みのどん底にある時、その正しい一つを選び決定させて、かつ、幸福を与えてくれる力が超越問答力の中にあるのです。それは、自分の心の中で自分の意識の外にある存在と一問一答する時に与えられます。

    しかし、無条件に与えられるものではなく、「私もあなたも幸福になるにはどうすれば良いのか?」という動機を絶対的な目的として、その事を自分の意識の中で明確に意識して動機付けした上で問答を進めて行く事により与えられるものなのです。

    そして、問答の手段として、自分の両腕の筋肉を使い、両手を合掌した状態で筋肉の反射を感じ取ります。

    この姿を超越問答力の基本姿勢と定め、自分の心の中で自分の意識の外にある存在と一問一答することを敢えて超越問答法と呼ぶことにしました。


    超越問答力の原理

    では、超越したところから解答を与えてくれる力とその超越問答法の原理について説明します。

    超越問答力では、自分の意識の外に存在する対象に「問い掛けるという精神エネルギー」を及ぼすことにより、あたかも波一つ無い静かな湖の水面に小石を投げ入れたのと同じように、その対象に振動エネルギーを作用させ、その対象固有の波動や振動エネルギーを増幅させて、その対象から返ってくる振動エネルギーを生命エネルギーの一番敏感な受容器である人間の身体と脳で受信し、それと直結し鋭敏に反応する手の筋肉で共振(共鳴)させて感じ取るのである。

    私は、無形有形に拘らずエネルギーを発している全宇宙のすべての生命エネルギーは、すべて波(波動)としての性質(振動エネルギー)を持っていると思っております。

    量子力学における波動力学においてもすべての物質は波(波動)としての性質を持つと言われております。 よって、この超越問答力では問い掛ける対象となるものは自分の心・生命エネルギー・氣・魂・霊界など、無形有形に拘らずエネルギーを発している全てのものであり、波動検知器は受容器と直結する手の筋肉です。

    ですから、自分の心の中で、自分の意識の外にある存在に一問を投げかけ問い掛ける事により、その答えをこの手の筋肉を通して、共鳴化された反応を反射という形で感受することが出来るのです。(※このように仮説を立てました。)


    【 参考 】
  • 物理学における波動とは、たんに波とも呼ばれ、何らかの物理量の周期的変化が空間方向に伝播する現象であり、音波や水面の波、あるいは地震波のように物質の振動が媒質を通して伝播する現象のほかに、電磁波のように媒質がない空間を伝播するものもある。
  • 物理現象としての共鳴とは、ある物体の振動エネルギーが他の物体に吸収されて、その物体が振動することを言う。日本語では扱う対象によって共振と言うことがある。
  • 振動する物体には固有振動数(自由に振動させたときに得られる物体ごとの特定の振動)というものがある。その振動数と等しい振動が外部より物体へと加わると、振動が増幅される、または振動を開始する現象を「共振」という。
  • どのような時に使えるのか?
    • 何かをした方が良いか?やらない方が良いか?を決める時に使う。
    • AかBかのどちらか、二者択一しなければならない時に使う。
    • 何か解決したい問題がある時に使う。
      • 〈その一例〉
      • まず、解決したい問題の原因を思いつくままに幾つでも良いから紙に書いてみること。
      • 超越問答力を使って紙に書いた原因を一つ一つチエックして、最大の原因を見極める。(原因が分かれば対策は取れる筈です。)
      • 対策を思いつくままに幾つでも良いから紙に書いてみること。
      • 超越問答力を使って紙に書いた対策を一つ一つチエックして、最良の対策を見極める。
    • 自分の良心と対話する時に使う。
    • その他、確認したい事がある時に使う。

    以上、超越問答力の原理的な事を述べてきましたが、超越問答力の基本姿勢で自分の筋肉の反射を感じ取れるようになるには、更に、段階を追った練習が必要となります。

    そのためには、まず、すでに述べた対象者の腕の筋肉を使った筋肉反射法で筋肉の反射を感じ取る練習を行なってマスターして下さい。そして、それで感じ取れるようになったらば、次に自分の筋肉を使った上腕二頭筋法で、筋肉の反射を感じ取る練習を行なっていって下さい。そうすれば、次第に自分の筋肉を使った場合でも、筋肉の反射が感じ取れるようになります。

    その目標に向かって頑張りましょう!

    自分の筋肉を使って尋ねる
    • まず、問答を行なう本人は両足を肩幅ほどに開いて立ちます。そして自分の左腕の肘関節を直角に曲げます。その時、左腕の母指が上になり、小指が下にくるようにします。そして、この状態を保持します。
    • 次に、検者の右腕の手指を自分の左前腕部の先端部に軽く添えて、問答の体勢をつくります。そして、右手で左前腕部を下方に軽く押します。(右上図 参照)
    • その時、左腕は左前腕部に加えられる力に抵抗して、直角になっている左肘が動かないように、しっかりと保持するように努めます。
    • そうすることにより、右手の押す力と左腕の保持しようとする力とが、丁度つり合う状態となり、左腕は、肘を直角の状態にしたまま保つことができます。
      この状態を「左腕がロックしている」と呼びます。また、この位置を「バランス点」とも呼びます。そして、この状態を反射(ゼロ)とします。この時、問答を行なう本人はどの程度の加圧で「バランス点」となったのか、その加圧の程度をよく覚えておく必要があります。
      ここまでが問答の準備になります。
    • 問答を行なう本人は、自分の左腕がロックし、左前腕部が下方に下がらないことを確認できたならば、もう一度、左腕に力を加え「バランス点」まで加圧します。これがバランス点に至るまでの加圧です。
    • そのまま右手を離さずに、更に、もう少し加圧します。この加圧を「プッシュ」と呼びます。
      この時点で(+)反射であるのか、あるいは、(−)反射であるのかを判断します。そして、この「プッシュ」をバランス点に至るまでの加圧と区別します。 すなわち、この「プッシュ」により左腕の肘が直角の状態を保持することが出来なくなり、左腕の力が急に抜け、左前腕部が下方へ下がってしまう現象を(+)反射と呼びます。
      そして、それとは反対に、左前腕部が下方へ下がらずに、「バランス点」の位置(左肘が直角の状態)で保持されることを(−)反射と呼びます。
    • ここで最も、重要な(+)反射と、(−)反射の意味付けに移ります。
      まず、問答を行なう本人は自分の心の中で意識することにより自分の意識で、自分の左腕の上腕二頭筋に質問を固定(セット)する段階へ移ります。(右下図 参照)

    (a)問答を行なう本人は、右手で左腕を押し自分の左腕がロックしていることを確認して、問答の体勢をとります。

    (b)問答を行なう本人は、以下のことを意識の中で明確に意識します。『これから自分の左腕の上腕二頭筋を使って問答を行います。私がある解答を得たい内容(X)について質問します。もし、質問の答えが「YES」である場合には、私の左腕が、(+)反射を示すようにして下さい。また、質問の答えが「NO」である場合には、私の左腕が、(−)反射を示すようにしてください』と、明確に心の中で言いながら意識した後に、自分の右手で自分の左手を「プッシュ」し、その結果、(+)反射が現れたならば、質問のこたえが「YES」という意味であり、(−)反射が現れたならば、質問の答えが「NO」という意味であることを現しております。これで自分の左腕の上腕二頭筋を使った筋肉反射に意味付けることができました。これを「固定(セット)」と呼びます。

    後は自分の心の中で一つ一つ質問するたびに、自分の左手を「プッシュ」していけば、その問い掛けた答えを得ることが出来ます。

    ポイントは「ロックした状態のバランス点」を作り、「問い掛けて」、「プッシュして」、抵抗がなかったら、「YES・はい」という意味です。後は答えが出るまで、「問い掛けてプッシュ」「問い掛けてプッシュ」「問い掛けてプッシュ」を何度も何度も行なえば良いのです。これが自分の腕の筋肉を使った問答法です。

    この自分の腕の筋肉を使った問答法で、筋肉の反射を感じ取る練習を沢山行なっていって下さい。
    そうすれば、確実に筋肉の反射が感じ取れるようになります。

    次の目標に向かって頑張りましょう!

    超越問答法とは
    • まず、問答を行なう本人は両足を肩幅ほどに開き肩の力を抜いて立ちます。そして、自分の胸の前で両手の母指が上になり、両手の小指が下にくるように両手掌を合わせます(写真 Bのように)。
    • 次に、両腕の肘を直角よりやや少し曲げ、右手を左手より少し上にずらして両手掌を合わせます(右の写真)。この姿を超越問答法の基本姿勢と定めます。そして、この状態を保持し、深呼吸を3回して自分の心を平静にする。(背もたれに寄りかからないようにして、椅子に腰掛けて行っても良い。)
    • 次に、自分の右手の5本の指をおのおの自分の左手の5本の指の上端部に軽く添えて(右の写真)、問答の体勢をつくります。そして、右手の5本の指で左手の5本の指の上端部を10グラム程の力で下方に軽く押します。
    • その時、自分の左手の5本の指に加えられる力に抵抗して、直角に近い角度で曲がっている左肘と手首を固定したまま動かないように、しっかりと保持するように努めます。
    • そうすることにより、右手の押す力と対抗して左前腕から左手首にかけての保持しようとする力とが、丁度つり合う状態となり、左腕は直角に近い角度で曲がっている肘と手首の角度をその状態で保持することが出来ます。

      この状態を「左腕がロックしている」と呼びます。また、この位置を「バランス点」とも呼びます。そして、この状態を反射(ゼロ)とします。この時、自分はどの程度の加圧で「バランス点」となったのか、その加圧の程度をよく覚えておく必要があります。

      ここまでが問答の準備になります。

    • 次に問答を行なう本人は、自分の左腕がロックし、左前腕と左手首が下方に下がらないことを確認出来たならば、もう一度、左腕(左手の5本の指の上端部)に10グラム程の力を加え「バランス点」まで加圧します。これがバランス点に至るまでの加圧です。
    • そのまま右手を離さずに、更に、もう少し加圧します。この加圧を「プッシュ」と呼び、この時点で(+)反射であるか、あるいは、(−)反射であるのかを判断します。そして、この「プッシュ」をバランス点に至るまでの加圧と区別します。
      すなわち、この「プッシュ」により左腕は直角に近い角度で曲がっている肘と手首の角度をその状態で保持することが出来なくなり、左腕の力が急に抜け、左前腕から指先までが下方へ下がってしまう現象を(+)反射と呼びます。
      そして、それとは反対に、左前腕から指先までが下方へ下がらずに、「バランス点」の位置(直角に近い角度で曲がっている肘と手首の角度をその状態で維持した位置)で保持されることを(−)反射と呼びます。
    • ここで最も重要な(+)反射と、(−)反射の意味付けに移ります。 まず、問答を行なう本人が自分の心の中で意識することにより自分の意識で、自分の左腕を直角に近い角度で曲げている筋肉と手首の周りの筋肉に質問を固定(セット)する段階へ移ります。

    まず、問答を行なう本人が自分の心の中で意識することにより自分の意識で、自分の左腕を直角に近い角度で曲げている筋肉と手首の周りの筋肉に質問を固定(セット)する段階へ移ります。

    (a)問答を行なう本人は、右手で左腕を押し自分の左腕がロックしていることを確認して、問答の体勢をとります。

    (b)問答を行なう本人は、以下のことを意識の中で明確に意識します。『これから私の左腕の筋肉を使って問答を行います。私がある解答を得たい内容(X)について質問します。もし、質問の答えが「YES」である場合には、私の左腕が、(+)反射を示すようにして下さい。また、質問の答えが「NO」である場合には、私の左腕が、(−)反射を示すようにして下さい』と、明確に心の中で言いながら意識した後に、自分の右手で自分の左手を「プッシュ」し、その結果、(+)反射が現れたならば、質問の答えが「YES」という意味であり、(−)反射が現れたならば、質問の答えが「NO」という意味であることを表しております。これで自分の左腕の筋肉を使った筋肉反射に意味付けることが出来ました。これを「固定(セット)」と呼びます。

    後は自分の心の中で一つ一つ質問するたびに、自分の左手を「プッシュ」していけば、その問い掛けた答えを得ることが出来ます。これが超越問答力で使う問答法です。これを敢えて超越問答法と呼ぶことにしました。

    ここで大切な事は、超越問答力を行なう時は常に自分の身体のすべてが自分の心・生命エネルギー・氣・魂・霊界など、無形有形に拘らず、エネルギーを発している全てのものの波動や情報を受信出来るアンテナにしておかなければならない。ということです。

    そのためには、この超越問答法を行なう前に、取り掛かるのに必要な土台として、常に自分の心を平静にして平常心を保っておくことが必要です。

    よって、超越問答法を始めるには、まずこの平常心を保つ目的で深呼吸を3回してから、「自分の心を平静」にし「ロックした状態のバランス点」を作り、「問い掛けて」、「プッシュ」すれば良いのです。これで抵抗がなかったらば、「YES・はい」という意味です。後は答えが出るまで、「問い掛けてプッシュ」「問い掛けてプッシュ」「問い掛けてプッシュ」を何度も何度も行なえば良いのです。

    ついに、超越問答力の基本姿勢で自分の筋肉の反射を感じ取れるところまで上達して来ましたね。後は、練習を沢山行なっていって下さい。そうすれば、確実に筋肉の反射が感じ取れるようになります。

    更に、熟練する方向に向かって頑張りましょう!

    参考なまでに

    ◆本書では、この後、まだまだ素晴らしい内容が沢山あります。この続きは、是非、著書にてお読み下さい! 参考までに著書の目次を書いておきます。

    ★ 目 次
     
    プロローグ:感性を磨き、最高の人生を過ごそう!
     
    第1章 不思議な検査法
  • 筋肉反射検査法を知る
  • 対象者の腕を使って検査
  • 重要な意味づけ
  • 肩こりに効くのは、どっち?
  • 第2章 超越問答力
  • 筋肉反射法との違い
  • 超越問答力とは
  • 超越問答力の原理
  • どのような時に使えるのか?
  • 自分の筋肉を使って尋ねる
  • 超越問答法とは
  • 平常心を養うには
  • 超越問答法の練習
  • 第3章 暮らしの中で問答
  • やる気が出ますか?
  • イライラしなくなりますか?
  • ストレスが解消しますか?
  • この人は信じられますか?
  • 新型インフルエンザの脅威
  • 新型インフルエンザから身を守る方法
  • 第4章 永遠の生命と霊界
  • 生命は霊魂となり永遠に霊界で生き続けるのか?
  • 治療困難な病気は悪霊との関係でなる!
  • 地上で正しく生きることが出来なかった時に行く世界
    • なぜ、地獄は出来たのですか?
    • どのような人が地獄に行くのですか?
    • 地獄とは、どのような所ですか?
    • 地獄という所はどのような様子をしているのですか?
  • 霊界でも永遠に幸福に生き続けるには
  • 第5章 幸福になる方法
  • 東洋医学的観点から病気の元を断ち元気になろう!
  • 元気になったら不思議なほどに幸運が来る!
  • 西洋医学的観点から病気の元を断ち元気になろう!
  • 自分の行動の善悪を知る事が出来る!
  • 一日を反省し復活するための20項目
  • 不幸というハードルを越えてこそ幸福になれる!
  • 第6章 王の王を迎える
  • 清い心になって
  • 最高の生き方
  • 第7章 優しいお母さんに抱かれて
  • 優しいお母さんに抱かれて
  • あとがき:どのように生きたか?
    絶賛発売中!
    紀伊國屋書店BookWeb

    注文は全国主要書店またはオンライン書店でお求め下さい。

    お問い合わせ:星雲社TEL03-3947-1021


    予約受付(予約制)…効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースがオススメ!

    古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター

    椎間板ヘルニア即効センター[古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター内]

    逆流性食道炎即効センター[古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター内]

    顎関節症即効センター[古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター内]

    むち打ち症即効センター[古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター内]

    ぎっくり腰即効センター[古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター内]

    腰痛即効センター[古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター内]

    頚性神経筋症候群即効センター[古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター内]

    平 日 am9:00〜12:30 pm3:00〜7:00 TEL048(263)7500
    土曜日 am9:00〜12:30 pm2:30〜6:00 院長 古澤 孝一郎
    休 日 日曜日・祝祭日 住所 〒333-0846
    埼玉県 川口市 南前川 2−11−17

    ※遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をお教え致します。

    宿泊先
    [ 蕨 駅周辺のビジネスホテル ]
    • 蕨パレスホテル > 詳しい情報はコチラ
    • イーホテルワラビ > 詳しい情報はコチラ
    • ライフステーション蕨 > 詳しい情報はコチラ
    [ 西川口駅周辺のビジネスホテル ]
    • マークスイン西川口 > 詳しい情報はコチラ
    • 西川口ステーションホテル > 詳しい情報はコチラ
    [ ビジネスホテル以外の施設 ]
    • 天然温泉 ゆの郷 > 詳しい情報はコチラ
    • 宿泊施設ではありませんが、休憩室があります。