頚性神経筋症候群即効センター(接骨院・整骨院・整体・カイロプラクティック・川口・埼玉・首都圏・千葉・関東)/サイトマップ

頚性神経筋症候群の症状・診断・治療

頭痛・目まい・むち打ち症・自律神経失調症・ストレス症候群・うつ状態・慢性疲労症候群・難治更年期障害など、これからの病気の大部分が頚部後筋群の異常から起こった同じ病気であるという学説を松井博士が発表しました。 これまで、これからの病気は薬で一時おさえの治療しかできなかったのですが、今は、大部分の患者さんが完治することが分かってきました。適切な治療を受けさえすれば改善率約95%、治癒率約70%の病気です。

最近、話題になっている頚性神経筋症候群について、症状・診断・治療詳しく教えてください。
後頚部の筋肉異常が原因で頭痛、めまい等の症状が慢性的に続く病気ですが、「元返し療法」で改善します。
【症状】

頭痛やめまい、疲労が慢性的に続く「頚性神経筋症候群」は首の後ろにある筋肉の異常によって引き起こされる病気です。 慢性疲労症候群、むち打ち症、めまい、頭痛、うつ状態、パニック症候群、ストレス症候群、自律神経失調症、更年期障害の60%が該当する疾患群で、複数の疾患を合併している場合が殆どです。

頭痛や微熱、体がだるい、やる気が出ないなどの不定愁訴にも似た症状が多いため、診断されるまでに時間がかかり、複数の病院を受診するドクターショッピングを繰り返す患者さんも多いようです。

【診断】

「頚性神経筋症候群」の診断では、問診、MRI・レントゲンなどの画像診断、整形外科的検査、筋肉反射検査、頚部の可動検査、体表温度の差異により自律神経の圧迫の有無を検査する、頚部筋肉の触診および筋圧計により緊張や圧痛がどの程度であるかを判断します。

それと共に専用の問診表を用い多くの症状を点数化し後頚部にある僧帽筋、頭板状筋、頭半棘筋、胸鎖乳突筋などからなる筋群上端部の異常緊張や痛みなどを確認し治療計画を立てます。

【治療】

治療では頸部筋肉の過剰な緊張を柔らかくほぐし、圧痛を緩和させる必要があります。そのためには原因である神経圧迫を除く頚椎矯正法(カイロプラクティック)やアプライドキネシオロジーの理論に基づく筋肉調整法、4万Zの高周波(電気はり)療法、遠赤外線温熱療法、マッサージ療法などを組み合わせた「元返し療法」を実施していきます。治療が奏効すると頭痛、めまい等多くの症状が劇的に改善していきます。

予約受付(予約制)…効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースがオススメ!

ぎっくり腰即効センター[古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター内]

平 日 am9:00〜12:30 pm3:00〜7:00 TEL048(263)7500
土曜日 am9:00〜12:30 pm2:30〜6:00 院長 古澤 孝一郎
休 日 日曜日・祝祭日 住所 〒333-0846
埼玉県 川口市 南前川 2−11−17

※遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をお教え致します。

来院する際に準備するもの
  • 首のレントゲン(当院指定の病院でレントゲンを取りに行って頂く場合があります。)
  • 保険証(レントゲンを取りに行く際に必要になります。)
  • レントゲンを借りてくる際、『別の病院でも、一度、診察を受けたいのでMRIとレントゲンを貸していただけませんでしょうか』と言って借りて来て下さい。《院長より》
宿泊先
[ 蕨 駅周辺のビジネスホテル ]
  • 蕨パレスホテル > 詳しい情報はコチラ
  • イーホテルワラビ > 詳しい情報はコチラ
  • ライフステーション蕨 > 詳しい情報はコチラ
[ 西川口駅周辺のビジネスホテル ]
  • マークスイン西川口 > 詳しい情報はコチラ
  • 西川口ステーションホテル > 詳しい情報はコチラ
[ ビジネスホテル以外の施設 ]
  • 天然温泉 ゆの郷 > 詳しい情報はコチラ
  • 宿泊施設ではありませんが、休憩室があります。