• 逆流性食道炎即効センター(逆流性食道炎・食道炎・骨盤調整・接骨院・整骨院・整体・カイロプラクティック・川口・埼玉・首都圏・千葉・関東)/サイトマップ

    自宅で出来るハーブ療法/その成分と働き
    (1)桂枝(ケイシ):桂はクスノキ科の常緑樹で,若枝を桂枝という。シナモンの一種である。
    その薬性は温熱で体を温める作用がある。顔色が青白く、頻尿や残尿感、尿の漏れ、尿の出が悪い、手足や腰・下腹部・陰嚢などの冷えなどの症状に最適である。
    腹部を温め、優れた健胃・鎮痛作用があるため、食欲不振、寒冷性の胃痛、腹痛、生理痛などにも効果がある。
    造血機能を高める作用がある。赤血球や白血球の増加を促進させる。
    (2)乾姜(カンキョウ):生姜の根を蒸してから乾燥させたもの。
    健胃・解毒・解熱・鼻づまり・鎮咳・吐き気止めなどに有効とされています。
    体の新陳代謝を活発にし、保温効果もよく、風邪・腹痛・下痢をはじめ、冷え性や夜尿症にまでその効き目を発揮します。胃液の分泌を調節して、消化促進、健胃に役立つ
    また、発汗解熱・咳きり・腫れをひかせる消炎補温などにも用いられます。特にジンゲロンは、腸チフス菌やコレラ菌等に対して強い殺菌力がありアニサキスの幼虫を死滅させる効果もあります。
    (3)大棗(タイソウ):ナツメのことを言う。クロウメモドキ科の落葉高木である。
    筋肉の過剰緊張・牽引痛・知覚過敏・悶え苦しむ状態・腹痛を鎮静緩和させる。
    煎じて食べると五臓を補う。養脾。常食すると胃気を和らげる。
    【薬理作用】
    肝臓の保護作用がある。抗ガン作用がある。筋収縮力の増強作用がある。抗アレルギー作用がある。
    (4)紅花(コウカ):ベニバナのことを言う。キク科ベニバナ属の一年草。
    婦人病、冷え性をはじめ動脈硬化、狭心症の予防やコレステロール値を下げる作用がある。血管を詰まらせるアテロームを溶かす作用などがある。
    また、紅花の色素の主成分であるフラボンやカルコンには整腸作用や便秘・下痢などに効果がある。血行促進作用がある。
    血流を良くして鬱血を除く効能があり、婦人用薬として血行障害の治療や止痛の効果を期待して月経痛・月経異常・冷え性・更年期障害・貧血・頭痛・口内炎・打撲傷などに使われています。
    ホルモンのバランスを整える。
    最近の研究では、発ガン予防や抗酸化作用、血行促進などの豊富な効能があることが解明されています。
    (5)春郁金(ウコン):ショウガ科に属する多年草。
  • 肝障害予防・肝機能改善:肝障害を防止する。胆汁分泌を促すことで、肝臓の機能を高める。
  • 発ガン予防:皮膚ガン、大腸ガン、肺ガン、前立腺ガンの発生を抑制する。
  • 胆汁の分泌を促す:肝臓の働きを助け、肝臓が分泌する消化液胆汁を増やす。悪酔いを防ぐほか、体内の有害物質の排泄を助ける。
  • 抗酸化作用:ビタミンEなどに匹敵する強い抗酸化作用を持ち、喫煙や老化に伴って増える遺伝子の障害を防ぐ。
  • 殺菌作用:ヘリコバクター・ピロリ菌を抑え、胃の働きを良くする。ほかの多くの細菌を殺菌する効果がある。
  • 動脈硬化の予防:コレステロールが血液中から減る。動脈硬化の原因となる過酸化脂質も減少する。
  • (6)ローズマリー:シソ科に属し、地中海沿岸地方原産の常緑性の低木。
    ポリフェノールの含量が非常に高く、活性酸素を消去する作用に優れ、抗酸化力を発揮する。
    炎症抑制効果血行改善効果があり、欧州ではリウマチなどの関節炎消化不良に対して医薬として使用されている。
    ロズマリン酸には、花粉症の症状を和らげる作用があることが知られている。高い消臭効果がある。育毛効果がある。記憶力を改善する作用がある。
    ローズマリーの主成分であるカルノシン酸には、神経細胞の維持に重要な役割を果たす神経成長因子の生成を高める効果がある。
    脳梗塞による壊死を予防する。アルツハイマー病やパーキンソン病への効果も期待される。
    カルノシン酸、カルノソールには、生体防御機構を活性化させる作用があり、解毒作用を高める。消臭効果や殺菌作用がある。
    (7)ビタミンE
    ビタミンEは人体の細胞膜に待機して、過酸化脂質が発生しないように抑制します。
    動脈硬化を防止し、心筋梗塞や脳卒中を予防する効果があるほか、心臓や脳血管などに起因する様々な生活習慣病を予防します。
    抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。
    この働きから、体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化と関連する疾患を予防することが期待されています。
    予約受付(予約制)…効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースがオススメ!

    逆流性食道炎即効センター[古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター内]

    平 日 am9:00〜12:30 pm3:00〜7:00 TEL048(263)7500
    土曜日 am9:00〜12:30 pm2:30〜6:00 院長 古澤 孝一郎
    休 日 日曜日・祝祭日 住所 〒333-0846
    埼玉県 川口市 南前川 2−11−17

    ※遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をお教え致します。

    来院する際に準備するもの
    • 胃カメラの写真(写真のある方のみ持参してください。)
    • 保険証(レントゲンを取りに行く際に必要になります。)
    宿泊先
    [ 蕨 駅周辺のビジネスホテル ]
    • 蕨パレスホテル > 詳しい情報はコチラ
    • イーホテルワラビ > 詳しい情報はコチラ
    • ライフステーション蕨 > 詳しい情報はコチラ
    [ 西川口駅周辺のビジネスホテル ]
    • マークスイン西川口 > 詳しい情報はコチラ
    • 西川口ステーションホテル > 詳しい情報はコチラ
    [ ビジネスホテル以外の施設 ]
    • 天然温泉 ゆの郷 > 詳しい情報はコチラ
    • 宿泊施設ではありませんが、休憩室があります。