逆流性食道炎即効センター(逆流性食道炎・食道炎・骨盤調整・接骨院・整骨院・整体・カイロプラクティック・川口・埼玉・首都圏・千葉・関東)/サイトマップ

西洋医学での一般的な治し方(治療法)

現代の医学療法では、逆流性食道炎には、制酸剤や括約筋の機能を高める薬剤等が投与され、感染が原因となっている場合は感染そのものの治療が行われるといわれている。日常生活でも、食後、最低30分は横にならない。出来れば2時間は起きておく。どうしても横になりたい時は頭を上げた姿勢と取る、などその他にもたくさんの一般療法が必要とされています。
下記では、薬物療法や手術が必要なひどい場合を簡単に解説しています。

薬物療法

胃酸の分泌を抑えるためのプロトンポンプ阻害薬(PPI)、またはH2受容体桔抗薬(H2ブロッカー)など。

手術が必要なもの
  • 食生活を改めても症状が良くならない、薬が効かない、かつ、食道裂孔ヘルニアがひどい場合
  • 患者さんが若い人で、何十年にもわたって薬を服用し続けなければならない場合
  • パレット上皮になっていて、食道ガンになりやすい場合
予約受付(予約制)…効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースがオススメ!

逆流性食道炎即効センター[古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター内]

平 日 am9:00〜12:30 pm3:00〜7:00 TEL048(263)7500
土曜日 am9:00〜12:30 pm2:30〜6:00 院長 古澤 孝一郎
休 日 日曜日・祝祭日 住所 〒333-0846
埼玉県 川口市 南前川 2−11−17

※遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をお教え致します。

来院する際に準備するもの
  • 胃カメラの写真(写真のある方のみ持参してください。)
  • 保険証(レントゲンを取りに行く際に必要になります。)
宿泊先
[ 蕨 駅周辺のビジネスホテル ]
  • 蕨パレスホテル > 詳しい情報はコチラ
  • イーホテルワラビ > 詳しい情報はコチラ
  • ライフステーション蕨 > 詳しい情報はコチラ
[ 西川口駅周辺のビジネスホテル ]
  • マークスイン西川口 > 詳しい情報はコチラ
  • 西川口ステーションホテル > 詳しい情報はコチラ
[ ビジネスホテル以外の施設 ]
  • 天然温泉 ゆの郷 > 詳しい情報はコチラ
  • 宿泊施設ではありませんが、休憩室があります。