逆流性食道炎即効センター(逆流性食道炎・食道炎・骨盤調整・接骨院・整骨院・整体・カイロプラクティック・川口・埼玉・首都圏・千葉・関東)/サイトマップ

逆流性食道炎の原因とメカニズム
その1:胃酸過多が原因でなる場合
食べ過ぎや揚げ物など油を使った物を食べると胃酸の分泌を多くし、胃酸過多となり、それが胃液を増やすことになります。増えた胃液は、食道へ逆流を起こしやすくなるため、起こるのです。
その2:下部食道活約筋び機能低下が原因でなる場合
食道が胃につながる下部食道には、胃液の逆流を防ぐ役目をする活約筋があり、通常ではその筋肉が収縮していて胃から胃液が逆流しないようになっている。ですが加齢やストレスなどにより、その食道の下部の活約筋が緩むことで、胃液が食道へ逆流を起こしやすくなり起こります。通常は、活約筋が収縮しているので、逆立ちしても食べ物が口から出てこないのである。
その3:食道裂孔ヘルニアが原因でなる場合
胸部と腹部の間にあり、胸部内臓を支え保持する働きをしている。横隔膜には、食道が通過する裂孔すなわち、穴があります。正常な状態では、その裂孔の部分の横隔膜は下に下がっていて、下部食道括約筋を締めています。しかし、ストレスや長期間の前かがみの不良姿勢の持続等により、その裂孔部が緩み、その裂孔から胃の上部が上方に突出してしまう。そのことにより、下部食道活約筋の力が弱まってしまい、ゆるゆる状態に緩んで、胃液が食道へ逆流を起こしやすくなり起こるのです。
その4:食道の蠕動(ぜんどう)運動の低下が原因でなる場合
胃と同様に食道でも食べ物を胃の方へ下へ下へと、先の方へ送ろうとする運動、すなわち蠕動運動が行われています。この作用があるので、胃から胃液が上がってきても、その運動の働きで上がってきた胃液があっても胃に戻してくれます。しかし、その働きが何らかの原因により、弱められると胃液が食道へ逆流を起こしやすくなり起こる。
予約受付(予約制)…効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースがオススメ!

逆流性食道炎即効センター[古澤接骨院・古澤カイロプラクティックセンター内]

平 日 am9:00〜12:30 pm3:00〜7:00 TEL048(263)7500
土曜日 am9:00〜12:30 pm2:30〜6:00 院長 古澤 孝一郎
休 日 日曜日・祝祭日 住所 〒333-0846
埼玉県 川口市 南前川 2−11−17

※遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をお教え致します。

来院する際に準備するもの
  • 胃カメラの写真(写真のある方のみ持参してください。)
  • 保険証(レントゲンを取りに行く際に必要になります。)
宿泊先
[ 蕨 駅周辺のビジネスホテル ]
  • 蕨パレスホテル > 詳しい情報はコチラ
  • イーホテルワラビ > 詳しい情報はコチラ
  • ライフステーション蕨 > 詳しい情報はコチラ
[ 西川口駅周辺のビジネスホテル ]
  • マークスイン西川口 > 詳しい情報はコチラ
  • 西川口ステーションホテル > 詳しい情報はコチラ
[ ビジネスホテル以外の施設 ]
  • 天然温泉 ゆの郷 > 詳しい情報はコチラ
  • 宿泊施設ではありませんが、休憩室があります。